驚くほど広範囲の業種がある

「グラフィック」という言葉はかなり広範囲の意味があります。ポスターや雑誌&新聞広告、チラシ、商品のパッケージデザイン、会社のロゴマークなど、挙げていったらキリがありません。
最近ではコンピュータの普及により、以前なら「紙の上」でしていたデザインも「DTP(デスク・トップ・パブリッシング)」で行われるようになりました。誌面のレイアウトなどもグラフィックデザインに含まれるということです。
それだけではなく、「デザイン系」においてじつに広範囲の守備範囲を占めるわけで、なかにはカメラマンの仕事やイラストなどもグラフィック系の仕事とされています。
つまり、世の中の「デザイン系」の仕事のなかで、いわゆる「プロダクト系」といわれる工業デザインなどをのぞく大部分のデザイン仕事を含むといっても過言ではないでしょう。

これらをひっくるめて「グラフィック系」の仕事としているワケですので、この関連の仕事の求人もかなり広範囲の業界に及びます。
グラフィック系の仕事をする人を挙げていっても同様にキリがありませんが、なかでも代表的な「グラフィックデザイナー」の仕事とされる業種は、アートディレクター、エディトリアルデザイナー、パッケージデザイナー、そしてイラストレーターでしょうか。最近ではこれにウエブデザイナーも含まれます。
こうした人材が求められる業種としては、ポスターや広告のデザインや、雑誌や書籍デザイン、そしてこうした誌面などに絵を描くイラスト、それからカメラマンなどもこの仕事に関係する業種に含まれます。
いわゆる「カタカナ言葉の仕事」の多くがこの業種ということですね。ですので、世間一般にも通じるこの業界の有名人はたくさんいます。

前述のようにかなり広範囲に及ぶ業種の仕事ですので、求人は新卒採用から中途採用まで、こちらも相当な広範囲に広がります。自分の仕事の範疇でもありますので、編集関係の仕事に関するグラフィック系の仕事についてはかなり詳細なこともわかりますが、求人情報を見るかぎり求人件数は相当数に及びます。
ただ、関係する業界も広いだけに求められるスキルと経験も多種多様です。たとえば、誌面デザインのエディトリアルデザイナーひとつとっても、求められるスキルの程度は本当に「ピンからキリまで」というのが実情です。ですので、雇用条件も天地ほどの差が開いたりします。
それだけに、実力がある者は実績を見せればかなりのレベルの仕事に就けますし、逆にまったくの未経験者でも意外なまでにチャンスがあったりもするのです。

ここでは、過去に自分で見てきた例と、多くのグラフィック関連の分野での話を紹介してみたいと思います。これでも一応、美術大学の出身ですので、友人関係も含めてグラフィック系には強いつもりです。

ページの先頭へ